靴下を履くと冷えは悪化する?手足の冷えの常識間違ってませんか?

靴下をはいて寝ると冷えが酷くなるのでしょうか?

 

冷え性で悩む方の中には、
夜寝る時に靴下をはいて眠る方が多数います。

 

ですが、靴下をはいて寝るのは
逆に足を冷やす可能性があるんです。

 

足は汗をかきやすい部位で、
寝ている間でも足の裏では
約コップ1杯の汗をかきます。

 

靴下をはいたまま眠るのは、
足の裏で必要以上の汗を
かくことになるんですね。

 

汗をかくのは
体温を下げるためなので、
足が冷えてしまうんです。

 

眠る際は足先ではなく、
ふくらはぎを温めましょう。

 

ふくらはぎには、
太い血管があります。

 

ふくらはぎの太い血管で
血流が停滞してしまうと、
足先へ巡る血液も減って、
冷えやすくなるんですね。

 

ふくらはぎを温めるには、
”レッグウォーマー”が
活躍してくれます。

 

睡眠の質を下げないよう、
通気性に優れたものを
選ぶようにしましょう。

 

また、血流を悪くする
締め付け感のあるものは、
避けるようにしましょう。

 

さらに寒い冬には、
レンジで温めるタイプの
”湯たんぽ”が手軽です。

 

お湯を沸かしたり、
お湯を捨てる手間がないため、
忙しい方も手軽に使えます。

 

しかも、
レンジで温める湯たんぽは
中にジェルが入っています。

 

昔の湯たんぽとは違い、
柔らかさが感じられるため、
快適に眠ることができます。

 

足先だけに限らず、
ふくらはぎ・腰・お腹など、
冷えを感じる色んな部位に
使える点でも優れています。

 

足の冷えで眠れない日が続くと、
ストレスが溜まるだけでなく、
昼間に眠たくなってしまいます。

 

足が冷たくて
良質な睡眠が取れない方は、
体を温めるための工夫を
取り入れてみましょう。